熱き志アワード受賞者について

受賞者との記念写真

宮原展子氏 – いっしょに子育て研究所代表 –

近年、子育て支援の必要性は理解されるようになってきましたが、子供達を生んで育むためのサポート体制にはまだまだ改善の余地があるといえます。このような課題にお母さんの立場から子育て支援を考え、先輩お母さんや現役お母さんが一緒に子育てをやっていくとの発想で
①子供の成長をはぐくむ
②相談し合える仲間をはぐくむ
③健康なからだをはぐくむ
④感謝の気持ちをはぐくむ
の4つの理念を掲げ「いっしょに子育て研究所」を立ち上げ奮闘していらっしゃいます。少しの時間だけでも預かってもらえる一時預かりや学童保育、イベントを通じた交流など溢れるアイディアで、国の施策では手の届きにくいところまでを自らのコミュニティーで実践されています。前例なき世界をご自分の手で切り開いている若き経営者を当クラブでは応援したいと思います。

仲佐菜生子 – 保健師(しまね保健指導サービス) –

「事業所において労働者の健康維持は最も大事と考える。」産業保健活動にやりがいを感じ、より多くの事業所での産業保健活動(企業訪問による健康診断後の保健指導、特定保健指導、メンタルヘルス指導、栄養指導のサービス)を実現すべく、長年勤務した病院からフリーとなって大海原に飛び出されました。平成30年1月に「しまね保健指導サービス」を開設。県内では稀代なフリーの保健師として活動を開始。社員の皆様のためならば「呼ばれればどこへでも行く!」の熱き志で毎日飛び回る毎日です。組織に所属せず、始めたばかりということもあり、不安も多かろうと思いますが、明るい笑顔と健康的な態度で直向きに皆様に元気を与えるその姿・パイオニア精神を当クラブでは応援をしたいと思います。

上に戻る