植樹後の草刈り作業

当クラブは2018年2月に大井神社付近の山林に山桜200本の苗木を植樹いたしました(池上正地区ガバナーの方針による『植樹プロジェクト』)。桜の木は松江森林組合のご協力・管理によりスクスク育っておりますが、夏になり、雑草もかなり生い茂ってまいりました。この日は早朝6時から草刈り作業です。台風の影響も心配されましたが、幸い植樹地に到着した頃には雨はやみました。植樹地は急斜面で、電動草刈り機は使えません。初めて鎌を使う会員も含めて全員が手による草刈りとなりました。蒸し暑い過酷な状況の中、会員・家族含めて20人が頑張り、1時間の草刈り作業を終えることが出来ました。振り返ると中海と大根島の景色が素晴らしく、苦労は心地よい汗で吹き飛びました。まだ小さな桜ですが、今後も大きく育つまで管理が必要です。桜山が美しく咲き誇るまで頑張りましょう。

社会奉仕・環境保全リーダー 佐藤哲也

草刈りの集合写真

上に戻る