松江東ロータリークラブ ロゴ

    奉仕しようみんなの人生を豊かにするために

外国人留学生「そば打ち体験」~ロータリーデー~

そば打ちの様子

2014年12月11日(木)18時~20時
於 松江市国際交流会館

毎年恒例になった国際奉仕プロジェクト:『外国人留学生そば打ち体験』を、今年も松江市国際交流会館で開催しました。当日は、『ロータリーデー』として、テレビ局(NHK)、新聞社(山陰中央新報)も取材に来ていただき、「ポリオ撲滅活動」のPRも行いました。

今回は、中国、フランス、アメリカ等から島根大学への外国人留学生12名が、特任講師の先生1名とともに参加。米山学友のウェットさん、松江市在住の宝塚武庫川RCからのロータリー交換留学生の岡本陽子さんも、ロータリー側で協力していただきました。
毎回講師をお願いしている2名のボランティアの先生方の手ほどきで、ほとんど初心者ばかりの留学生が、慣れない手つきで、何とか、「手打ちそば」(きしめん(!?)うどん(!?))を完成。これまた不慣れなロータリアンが、茹で、盛り付けるという「和気藹々」のイベントとなりました。その後、「和食」の代表ということで用意した「おでん」と「しじみ汁」と合わせて試食会。「見た目」はともかく(笑)、「打ちたてのそば」はさすがにおいしかったようです。材料を多少多めに用意したはずでしたが、「そば」も「おでん」も「しじみ汁」も、きれいになくなり、皆さん、笑顔で解散。今年も大好評のイベントとなったようです。
(文責:奉仕プロジェクト委員長 川上大)

上に戻る