松江東ロータリークラブ ロゴ

    奉仕しようみんなの人生を豊かにするために

H27第8回『宍道湖自然環境 水辺の教室』

水辺教室の様子

平成27年9月13日(日)、毎年恒例の『宍道湖自然環境 水辺の教室』を開催しました。今回は初の日曜日開催とし、ロータリークラブの認知度アップもめざし、案内チラシを3000枚作成して、広く参加者を募ってみました。わずか1週間程度の募集期間でしたが、定員80名に対し、当日86名の参加者がありました。(内当クラブ会員22名)

玉湯町の日本シジミ研究所で中村幹雄所長のシジミについての講義を聞いた後、早速宍道湖に入っての体験学習を行いました。幸い、朝方の大雨がうそのように青空が広がり、子どもたちの歓声があがりました。約1時間後に帰ってきた子どもたちの手には予想を超える大粒のシジミがたくさん入った網袋がしっかり握り締められていました。その様子は、当日夕方のNHK、BSS(山陰放送)のニュースで大きく取り上げられました。(新聞では、山陰中央新報に後日取り上げられました。)お昼には、研究所が用意してくれたシジミの味噌汁や、宍道湖や中海産の魚をその場でロータリアンが焼いたり、から揚げにして、参加者にふるまいました。青空のもとでいただく新鮮な魚介類はほんとうにおいしく、味噌汁は何杯もおかわりする子どもたちがいて、笑顔、笑顔のイベントになりました。

上に戻る