松江東ロータリークラブ ロゴ

    奉仕しようみんなの人生を豊かにするために

『ウッドジョブとたき火を学ぶ』里山塾

里山塾の様子

<日時>2015年11月1日(日)午前10時~午後3時

好天に恵まれた11月1日、『ウッドジョブとたき火を学ぶ』里山塾が盛大に開催されました。会場の大庭町「出雲かんべの里」には、約100名の子供達と約50名の保護者が朝早くから集まり、参加者は3班にわかれ、ウッドジョブやたき火、ピザづくりを体験しました。里山体験の乏しい子供達は、木馬による木材運搬や薪割りを通して、林業の大変さや楽しさを学んだようです。また、薪組みからたき火をした経験が皆無の子供達も多く、たき火ゾーンには終日歓声が上がっていました。事後に届いた感想文には、たき火を使ってのやき芋、べっこう飴、バウムクーヘンづくりなどが、ほんとうに楽しかったという感想が数多く書かれていました。東クラブの会員も積極的に参加し、インストラクターを補助しながら、子供達の指導に汗を流しました。熱心さのあまり、たき火でズボンを焼いてしまった会員もいたようです(笑)。里山を地域の有効資源として見直すことは重要である、と再認識させられる有意義な活動になりました。

上に戻る